おにぎりトート洗う | 山ナ鞄

2018/01/09 21:36

おにぎりトートのサンプルを、洗ってみました。

新作は大抵、サンプルが出来た時点で使ってみたり洗ってみたりします。
実験、実験^^

自分が、もしこういうバッグを購入したら。硬めの生地だから、気軽に洗おうとは思わない面倒そうだし。

でも帆布だし、底とか持ち手とかは汚れてくるから。そしたら部分は洗うかも。

気に入って長く使ってたら、部分だけじゃなく全体をゴシゴシ洗いたくなるかもなあ。

でも、子どもがいるママさんが使う時は、きっと、もっと洗う(というか、洗わなざるおえない)機会がある筈。

お茶がかかったとか、牛乳こぼしたりとか。気づいたら子どもがおにぎりを直に入れて遊んでたりとか^^


という想定で、さてそういう時に、 専門知識はさておき。どう洗うか。

を、想像してやってみました。

私なら多分、バケツに水を入れて洗剤をたわしにつけて、ゴシゴシする。

そして多分、上履きみたいに汚れた所をガシガシ洗う。

しかし多分、ポケットや タグの部分は、帆布より薄いのでたわしの使用は避ける。

型崩れして欲しくないので、絞らずにふきんで水分をふき取る。

その後、物干しに引っ掛けて、干す。かな?


結果。

がしがし洗っても、割と大丈夫。

ただ、やはりこすったので味が出ているかな。

そして、下の画像のように、

21.5 cm  →  20 cm
見事に、縮みましたおお!!!

サンプルだから、水通しせずに縫製したので、、縮むのは当たり前なのですが。
こんなに分厚い平織りだし最近の生地はそんなに縮まないんじゃない? とか勝手に思ってたのだけど、

そうりゃそうか生成りですもんね。。。

*染色してある布は、既に水にさらしたり、蒸したりしてあるのであまり縮まないのですが

そういう行程を踏んでいない生成りの布は基本縮むので、使用前に水通しという作業をします。

ただ、洗わない前提のアイテムやその素材のみで作られるもの(縮み率が均一)などは、

そのまま縫製する方が奇麗に仕上がるため、水通ししない場合もあります。


おにぎりトートは、ポケットの部分が違う素材のため、縮んだ時に型崩れする。

そもそも、サイズが1.5cm小さくなるのは問題である。

なので、帆布はきちんと水通しした方が良い。という事がわかりました。

ちなみに、こういうトートバッグの優等生的な使用方法は


使用前に、(そして定期的に)全体的に撥水スプレーを塗布(汚れが付くのをある程度防いでくれます)

バッグを使わないときは、中身を出して保管。定期的に、ブラシで埃を取る。

汚れがついたときは、薄めた中性洗剤を浸した布で、叩く様にして汚れを浮き出させる。

(洗剤は使用前に、目立たないところで試してみる)

もしくは、消しゴムで試してみる。

なのですが。最初書いたように、なかなかそこまで模範的に使用するのも難しいかと。

なので、個人的にお勧めするのは

もし可能なら、使用前に撥水スプレー

(これをするとしないとでは結構違います!!!最近は百均で売っていることもあるので、1本常備していると良い^^)

ワンシーズンは、できるだけ洗わない。

ワンシーズン超えたり、だいぶ全体的に汚れてきたら

ダメージを楽しむ感じで、トートバッグを洗う。(以下洗い方)


洗うときは中性洗剤を使用するのがベスト。洗濯石鹸も使えますが、ちょっとゴワゴワする。

(気になる方は、クエン酸を薄めた液でリンスすれば良いかもですが。今回試してないです。)

どのような洗剤でも、使用前に必ず、見えない部分で試してみてから。

ちなみに、下の写真の真ん中のは、食器用洗剤で試してできた、シミのようなもの。

(乾いたら目立たなくなったけどびっくりした。濡らしたらまたその部分のみ色が濃くなる。帆布の油分がそこだけ抜けたのかな?)

洗剤や石鹸は、弱酸性、中性、アルカリ性、全部用途が違うので、いきなり使うと、結構痛い目にあいます。

汚れの成分によってだけでなく、帆布自体も自然素材なので先ほどの食器用洗剤のように、影響を受けてしまいます。

なので、(何回も言いますが、、)見えないところで試すの、重要!!!


洗った後は、きちんとすすぐ。洗剤成分が残っていると、黄ばみの原因となります。

形を整えたあと、陰干し。

完全に乾いたら、撥水スプレー塗布(これが難しいようなら、アイロンキーピングを全体的にスプレーするのも良いです。)して乾かす。


ちなみに、やってはいけない事の一つ。

「牛乳をこぼす→お湯で洗う→紅茶(もしくはコーヒー)をこぼす」

と、もれなく紅茶(コーヒー)染めが仕上がります笑

お湯で洗うと、タンパク質が凝固するので注意です!!!

*****

おにぎり/和菓子の布小物/ジュエリー作家
刻/兎馬 眞穂
webshop  : https://www.coqu-maho.com/
blog : https://www.coqu-maho.com/blog

creema : https://www.creema.jp/c/coqu-maho/item/onsale
minne : https://minne.com/@coqumaho

iichi : https://www.iichi.com/people/coqu-maho

tetote : https://tetote-market.jp/creator/coqumaho/