新旧JUKIミシンのご対面 | 山ナ鞄

2019/04/01 09:17

待ちに待った、新しいミシンが

やってきました!!!

厚物が縫える平ミシンが必要で

工業用を導入するかどうかも、迷ったのだけど

スペースの問題と、自分にとっての使い易さで

職業用を新しいものにする事に。

今まで使用していたbrotherのPQ1500Sは、

サブミシンとする予定。お疲れ様です^_^

ここ数年スペック以上の働きをさせていたため

折を見て、オーバーホールに出したいのだけど

今は予算が、、、

そのままでも使えるのと、母が使う気満々なので

取り敢えずは実家に移動します。

新しく導入したミシンは、

JUKIのSL-700EXで、

マジック掛けとサブテンションが

標準で付いている、まさにハイスペックな子です!


工業用と職業用の違いは、主に針の送りで

工業用は上下で布を送るのに対し

職業用は下送りのみで。

でも、マジック掛けやサブテンションが

カバーしてくれるので、

私の作業で縫う厚物には充分^_^

糸20番/針18号まで対応との事。

逆に薄物には、マジック掛けに糸を通さない事で

対応出来るのは、有難いー!

工業用だと、厚物は厚物用、薄物は薄物用で

ミシンが必要となってしまうのでね。


で、このミシン。

ちょうど今年が、JUKI創業80周年との事で

限定でブラックバージョンが出ておりまして。

JUKIの初代ミシンと同じピアノブラックだそうで

そちらも気になりましたが、自分のアトリエに

黒色の割合が増えると、ぐっと狭く感じる(*´Д`*)

と思い、やはり白にしました。


でも、限定バージョンを調べて知ったのですが

私、JUKIの初代HA-1を持っております!


思いもかけず、JUKIの初代と最新が

この狭いスペースでご対面するとは!


高校時代に、和裁を教わっていた方から

頂いて、brotherの職業用を買う前まで

現役で使っていて、今でも動きます^_^

ボビンが無いので縫えはしないけど、、


スペースの問題で、何回か処分も考えたけど

色々と思い出が詰まっていて捨てらず。

ずっとアトリエの片隅に鎮座いたこの子。

新旧ともに、私の宝物です( ^ω^ )